素敵な読者の皆さん

2015年1月9日金曜日

パリ事件の背景にあるものとは

今まで、このブログでイランだけではなく、多くのことについて書いた、フランスに関しても数多く書いている。「このブログの検索」のところに「フランス」などの単語を入れて、今まで書いたものが見られます。
今回の事件で容疑者らはアルジェリア国籍ももっているから、そこから紹介すると
犯行声明から見るアルジェリアでの武器の提供側
宗主国の責任は?「アルジェの戦い」映画から

フランスのイスラム教徒らに関して

ファッションの街、パリで女性たちのブルカは禁止に

知恵を働かせばどんな壁でも越えられる!フランスのムスリム女性たち


よくここまで書いているな〰!それも無償で!

パリの事件とイランの関係も。 「同じように」書いた

イラン人の風刺漫画家mana neyestaani さんがパリのテロの非難で描いた風刺画http://iranwire.com/pictorian/cartoons/full/419/
マ-ナーさんはイラン・イスラム共和国からフランスに亡命している。イランから逃げざるおえない。